借金返済@完全ガイド【決定版】!

借金返済@完全ガイド【決定版】 HOME借金返済の基礎知識借金を抱えたら…こんな人が借金をする借金返済の「テクニック」紹介

借金返済の基礎知識

借金を抱えたら…

こんな人が借金をする

借金返済の「テクニック」紹介

このサイトについて

■プロが明かす!借金を完済する方法ランキング!

「借金返済@完全ガイド」へお越し頂きありがとうございます。当サイトは借金返済から抜け出す為の情報サイトです。正しい知識を身につけ、少しでも効率的な借金の返済に当サイトをお役立て下さい。

以下は借金完済マニュアルの人気ランキングです。色々な事情で一時的に借金を抱えてしまった方も、賢い借金返済手法を実践することで高い金利で借金に追われることなく人生の再起に成功された方も多いです。ぜひ各サイトをご参考下さい。

1位 元取り立て屋が公開!借金を減らす借金返済術
・わずか1年で250万円もの借金を完済させた借金返済ノウハウ
・全113ページ(本編101ページ・特典12ページ)【特別価格】
・期間限定で無料メールサポートなどの各種特典を贈呈中!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆      >>>マニュアルの詳細を見る

2位 実録!借金1億円をほったらかしで消していく秘伝書
・無理をして借金を返済し続けると借金は減るどころか増える!
・借金1億2000万円を返済した生の情報を全て公開!
・今だけ定価から30%OFFのキャンペーン価格で提供中!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆      >>>マニュアルの詳細を見る

3位 借金苦から抜け出す完全脱出マニュアル
・借金は最高で5,500万円、1ヶ月の返済金額は75万円の
 借金地獄の状況からこの方法で脱出したオリジナルの方法
・信頼の情報とアフターケア相談で借金返済を完全サポート!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆       >>>マニュアルの詳細を見る

元取り立て屋が公開!借金を減らす借金返済術




借金返済の基礎知識

借金する人が増えている理由

最近、テレビのドキュメンタリー番組などで、「借金に苦しんでいる人々」が時々特集されています。どのような経緯で借金を背負うことになったのか、そして、借金で苦しんでいる生活の状況などが細かく表現されています。借金と言えば、車や住宅などの「ローン」が最初に思い浮かびますが、それ以外の目的での借金もたくさんあります。

2000年以降、借金を重ねる人が多くなっているようですね。また、借金の理由も「多様化」する傾向にあります。上記のような車や住宅ローンだけでなく、「生活費のために…」という理由で借金する人も増えているんですよ。

「生活費!?働いているなら大丈夫なのでは…?」と思ってしまいそうですが、たとえば、「母子家庭」で思うように働けない家庭があるとします。もちろん、生活保護などの「セーフティーネット」もあるのですが、前政権の自民党が打ち出された「母子加算の廃止」などで、「とてもまともな生活は無理!」という金額しか支給されないのです。当時の自民党の見解としては、「手厚い生活保護を支給するから、働く意思がなくなるのだ」というものでしたが、小さい子供たちを抱えて満足に働けない状況を「全く理解していない発言」だと思います。

「家を建てるので」などの理由で借金をすることは、「資金の関係で仕方のないこと」と言えます。しかし、苦しい生活を支えるための借金は、その時は良くても後からもっと大変な状況になるんですね。

「手厚い保護があるから…」という理由も、ある意味では説得力のある見解かもしれません。しかし、「最低レベルの生活を守る」という程度は支給するべきではないでしょうか?「資金上、仕方ない」や、「ギャンブル資金で」などの借金であれば、「100%自分の責任」と言えますが、「生活苦のために…」という借金は、その人だけの責任ではないように思うのです。皆さんはどう思われますか?



悪徳業者の存在

「お金がない…」という状況は、時として人の「判断能力」を低下させることになるんですね。時々、悪徳金融業者からの「厳しい取り立てに苦しんで自殺した」というニュースを観ますが、冷静に考えると、「なんで警察や弁護士事務所に行かないの?」や、「そもそも、なんでそんな悪徳業者から借りたの?」と思ってしまいます。しかし、お金に苦しんでいる人には、そのような冷静な判断が出来ないときがあるんですよ。

悪徳業者も、「困っている人間は冷静な判断が出来ない」ということを知っています。「景気が悪くなれば闇金融が増える」と言われていますが、2008年のリーマンショック以降、「困っている人間が増えている」ということですので、このような人たちが悪徳業者の「餌食」になりやすいのです。

そもそも、借金の世界でいう「悪徳業者」とは、「法律で定められた以上の金利を取っている」や、「金融庁から正式な認可を受けていない」という業者のことです。とくに、前者の「法外な利息」は大きな問題ですね。先日も、飲食店の経営者らが法律で定められた「100倍以上」もの利息を取り建てていることが発覚し、従業員数人が逮捕されるというニュースを観ました。私たちの生活の、ごく近いところにそのような「悪徳業者」が存在しているのです。

悪徳業者に一度手を出してしまうと、間違いなく「身ぐるみをはがされる」と思ってください。悪徳業者は、「元本の返済を後回しにさせて、利息だけをずっと取り続ける」という手法を取ってきます。したがって、法外な利息を押し付け、元本の返済に手が回らないようにしているのです。また、もしこのような業者につかまったら、何も気にすることなく、最寄りの警察や法律事務所に相談しておきましょう。


「計算」と「計画」が重要だ

「お金がなくて困っている人」や、「今も借金を抱えている人」というのは、時として冷静な判断が出来なくなることがあるんですね。つまり、「目先のこと」しか見えていないんですよ。このような状態で借金を重ねることは大変危険です。後からもっと大変な状況になる可能性が非常に高いと言えるんですね。

消費者金融大手のテレビCMを観ていても、「ご利用は計画的に♪」などと言っていますね。これは、単純な「CM用の宣伝文句」ではなく、「まさしくその通り!」と納得できるものだと考えておきましょう。つまり、借金を申し込む前には、「今の私にはこれくらいの資金が必要だが、もう少し生活を切り詰めれば少ない借金で済むかな?」と、「計画」しておくことが大切なんですね。

とくに、サラリーマンが「お小遣い感覚」で利用しやすい「キャッシング」の場合、「本来なら2万円でOKなのに、なぜか3万円借りている…」ということがあるのです。キャッシングは、担保や保証人が必要ないため、「気軽に利用できる」というメリットはあるのですが、その反面、「気軽さ」が「しっかりとした計画」を妨害しているとも言えます。ですので、「本当に必要な資金」をちゃんと考えた融資額を計算しておきましょう。

また、お金を借りる前には、「返済はどれくらいか?」という計算もしておきましょう。返済回数を増やせば、1回あたりの返済額を低く抑えられますが、その分だけ利息を多く取られますので、「返済額」という観点からは損をすることになります。一方、返済回数を少なくすれば、1回あたりの返済額は大きくなりますが、その分だけ返済利息を小さく抑えることが出来るんですね。したがって、「あなたにとって返済可能額は?」を事前にしっかりと計算しておき、「少しだけ余裕がある返済回数」を心がけておきましょう。ギリギリの返済計画はやめてくださいね。何かあった時に対処法として、「返済のためにまた借金をする」という、まさに多重債務になる可能性が高いためです。


返済金利と元本

消費者金融や、その他の金融機関などから借金をしたとき、当然ですが借りた分を「返済」する必要があります。しかし、これも当たり前の話ですが、「100万円借りたら100万円返済する」というわけではありません。たいていは「110万円〜120万円」くらい返済する必要がありますし、返済期間を長く設定すれば、もっと多くの金額を返済することもあるんですね。つまり、100万円の「元本」だけでなく、「+αの利息」も返済することになるんですよ。

返済利息は、「業者の売り上げ」につながるのですが、私たち利用者からすれば、「少しでも利息の安いところ」から借りた方が「お得」ということになりますね。ですので、もしお金を借りる必要があるなら、いくつかの金融機関を回ってみて、「最も金利が安いところ」を選んでおきましょう。また、「金利と返済金額は正しく計算されているか?」についても考えておきましょう。最近、何かと問題になっているのが「過払い」ですね。つまり、利息と返済額の計算をしない人が多いことに目を付けて、「これくらい上乗せしてやれ…」と、「本来支払う必要のないお金」まで返済していることがあるんですよ。この場合、自分で計算しても良いですし、消費者センターに相談しても良いでしょう。

なお、もし余裕が出来たなら、積極的に「繰り上げ返済」しておいた方が「圧倒的にお得」ですよ。繰り上げ返済は、「返済回数が少なくなる」というメリットもありますが、「元本の返済」になりますので、「繰り上げ返済した分の利息を支払う必要がなくなる」という、非常に大きなメリットがあるんですね。したがって、繰り上げ返済を積極的にしておくと、元本がドンドン減っていきますので、「その分の利息もドンドン消滅していく」ということになるんですよ。


多重債務に陥る理由とは

「多重債務」という言葉をご存知ですか?最近よく耳にするキーワードですね。テレビのドキュメンタリー番組でも時々特集されています。「多重債務」とは、「複数のところから借金をしている」ということです。これは困ったものです。多重債務に陥ると、「今、どこからどれだけ借りているのか?」が分からなくなり、また、「こっちの借金を返すために、今度はこっちからお金を借りる」という、まさに「借金のスパイラル」にハマってしまうことも多いのです。

さて、多重債務に陥る人には、共通して「計画性がない」ということが言えます。借金をする場合は、「これだけ借りたら、これだけの返済が必要だな。よし、毎日の生活の中で、ここを切り詰めておこう」と計画することが大切なのです。しかし、多重債務者の多くがこのような計画を立てておらず、「その日のその瞬間を何とか乗り切れれば良い」と考えているため、「借金を返すための借金」を安易に繰り返してしまうんですね。

多重債務の怖いところは、「何もしていないのに借金額だけがドンドン増えていく」ということです。当然ですよね。お金を借りた時には、「返済金利」を上乗せした金額を支払う必要があります。つまり、「100万円→120万円」のように、借りた以上のお金を返すのですから、これを多重債務者のように何回も繰り返していると、「何もしていないのに借金だけが増えていく」という状況になっていくのです。

最後には、大量の債権者からの取り立てが始まり、「ニッチもサッチも行かない…」という状況に陥り、最終的には「法的整理の手が入る」ということになります。法的に債務整理が始まってしまうと、日常生活に大きな支障を受けますので、「返済のための借金」だけはやめておくようにしましょう。


▲ページの上へ戻る